臨時党大会(代表選挙集会)が14日午後都内で開かれ、選挙の結果、菅直人現代表が過半数の721ポイントを獲得し、新代表に選出された。獲得ポイントは、党員・サポーターの300ポイントは小沢一郎候補が51ポイント、菅候補 が249ポイント、地方自治体議員100ポイントは小沢候補が40ポイント、菅候補が60ポイント、国会議員ポイントは小沢候補が400ポイント、菅候補が412ポイントで、小沢候補が計491ポイント、菅候補が計721ポイントだった。

 党所属国会議員有権者は411人で、409人が投票し、無効票は3票だっ た。

 代表選出に先立ち、両候補は15分ずつ政見を述べ、支持を訴えた。その後、党所属国会議員による投票が行われ、郵便投票による地方分を合わせた開票結果を小平忠正中央代表選挙管理委員会委員長が報告し、了承された。

 新代表は、「全国民の皆さんに心から感謝申し上げる。今日本は困難な中にある。この日本を元気な日本にもう一度作り直す。そのことに私は命を懸けてやらなければならない。そして、選挙が終わったのでノーサイド。国会議員は自分の力をフルに発揮できる体制にしたい。全国会議員のご協力をお願い申し上げる」とあいさつし、挙党態勢の確立、国民のための政治の実現を訴えた。

 なお、臨時党大会の議長は、高木義明衆院議員が務めた。

○臨時党大会 ノーカット映像