民主党は2013年定期大会を24日、東京都内の会場で開催した。

 大会の開会を大会実行委員会事務局長の武正公一総務委員長が宣言。その後、大会議長として小川淳也衆院議員と牧山ひろえ参院議員を全員の拍手で選出した。

 両議長のあいさつの後、一昨年の東日本大震災で亡くなった方々に哀悼の意を表するとともに、先の党大会から本大会までに亡くなったわが党同志を偲(しの)び、全員で黙とうを捧げた。

増子輝彦実行委員長

 増子輝彦大会実行委員長(参院議員)は、「わが党は厳しい状況にある。3年3カ月の政権運営の貴重な経験と、選挙に負けた経験、それをしっかりと受け止めながら新たな出発をしなくてはならない。海江田代表を先頭に政権奪還の4文字を旗印に『確固不抜』の信念で進んでいく。また1昨年の大震災から2年になる。この間多くの方々にご支援をいただいた。日本国内はもとより世界からご支援をいただいたことに感謝する」と開会にあたってのあいさつを述べた。

 来賓として松野頼久日本維新の会国会議員団幹事長、浅尾慶一郎みんなの党政策調査会長、古賀伸明連合会長、土井香苗国際NGOヒューマン・ライツ・ウオッチ日本代表があいさつ。鈴木克昌生活の党幹事長、吉田忠智社会民主党政策審議会長、谷岡郁子みどりの風代表、浜田和幸国民新党幹事長も列席し、名前が紹介された。来賓あいさつの要旨は次の通り。

◆  ◆  ◆

松野頼久幹事長

松野頼久日本維新の会・国会議員団幹事長

 民主党は4回の国政選挙を経て政権交代を達成した。郵政選挙では大敗したがそこから立ち上がり、政権交代を成し遂げたことは評価する。今はともに野党の立場だが、安倍政権は危ういものをはらんでいる。ともに野党として是々非々切磋琢磨しながら共闘していきたい。




浅尾慶一郎政調会長

浅尾慶一郎みんなの党政策調査会長

 政権交代を成し遂げた時には多くの国民が後ろにいた。しかし今回自民党政権に戻ったのは、目に見える特定の人に目が行き過ぎてこうなったのではないか。特定の団体以外の人の声を聴くように変わってもらいたい。





古賀伸明会長

古賀伸明連合会長

 昨年の選挙で国民から厳しい審判を受け、有能な人材を失ったことは痛恨の極みだ。これは党内ガバナンスの機能不全が大敗の理由だと思う。与党として、党内をまとめあげる胆力を発揮できなかった。今回の大敗を持って民主党が機能しなくなることは、日本社会に多きな損失となる。ふたたび政権奪還を目ざす政党を国民も求めており、その政党は民主党である。新しい民主党の姿を国民に見せてほしい。私たちも最大限支援させていただくので、政権奪還に向けて共に頑張ろう。


土井香苗代表

土井香苗国際NGOヒューマン・ライツ・ウオッチ日本代表

 日本は今、国際社会から人権・自由・民主主義・法の支配・などでリーダーシップをとることを求められている。総選挙の敗戦で脱力している場合ではない。ぜひとも奮起をしてほしい。また、この雌伏の時により多くのNPOと交流をして、また外交政策についてもっと学んでほしい。